品質レベルの向上

再生トナーとは、プリンタのインクのリサイクル品です。リサイクルインクのメーカーが空になったインクカートリッジを回収して、その中に新しいインクを詰め直したものです。再生トナーは、インクメーカーが製造している純正品に比べて価格が安いため、お得に利用することができます。 再生トナーに詰め替えられるインクは、厳密には純正品のインクとは異なったものです。しかし、品質は純正品と同レベルであり、印刷の質が低下することはありません。再生トナーのメーカーは、純正品のインクの成分を分析して、限りなく近いものを作っているからです。再生トナーのメーカーのホームページには、再生トナーと純正品、それぞれで印刷した場合の比較図が掲載されていますが、ほとんど違いは見られません。

再生トナーの価格は、純正品の同タイプのものの半額から三分の一程度に設定されているものがほとんどです。さらに安価なものでは、純正品の十分の一程度の激安商品もあります。大量に印刷する必要がある人にとっては、非常に助かる価格設定だといえるでしょう。多量のインクを使用するカラー印刷も、再生トナーを利用することで躊躇なく行えるようになるはずです。 ひとつの純正品に対して、複数のメーカーが各々再生トナーを製造していることもあります。この場合、メーカーごとに若干価格が異なるので、一番お得なメーカーの商品を探してみるのも手です。また、店によって販売価格が違う場合もあります。価格比較サイトを参考にすると、一番安い店がすぐ見つかります。